以前、ヤクルトに関連する記事をアップしましたが、今回はその中の種類「普通のヤクルトとヤクルト400の違い」について得た情報を皆さんとシェアしたいと思います。

一般的に市販されているヤクルトは、乳酸菌・シロタ株が1本につき100億個含まれているそうです。最近は”NEWヤクルト”として1本に200億個の製品が主流になっているようです(共に含有量がパッケージにも記載)。

それに対し、ヤクルト400は前述の乳酸菌等が400億個含まれているということの”400”なのだそうです(ヤクルトHPからの情報です)。

ヤクルトが凄いのはそれが生きたまま腸に届くというところ。普通は胃の中の胃酸によって多くが死滅してしまうと考えられていることもあり、一般的にこういった乳酸菌も食後に飲用すると良いと考えられている様ですね。

ちなみに、私が入院していた病院(IBD専門病棟があり、専用の食事も配ぜんされます)では、1日のうち1回程度ヤクルト400が含まれておりました。そういったことからも、何らかの効果が期待できるのかも。

ただ、一つ気をつけたいのは、皆さんご存知のようにヤクルトは甘い(糖が多く含まれている)ですよね。そういったことから「飲用を続けたい」という方は、ヤクルト400LT(カロリー控えめ) の方が良いと言われています(400の方は宅配専用になっております)。

また、人によっては「乳酸菌飲料を飲むとお腹がゆるくなる」というケースがありますので、合わない方は控えた方が良いと思います。


スポンサードリンク