IBD(クローン病や潰瘍性大腸炎)をはじめ、粘膜・炎症系の症状にとっては基本的な注意事項かも知れませんが、特に気をつけたい食べ物の一つに「柑橘系(レモン・オレンジ・グレープフルーツ)の果物・果汁」が挙げられます。

私自身がクローン病を発症して、お酒を控えていたこともあり、ジュースを飲むようにしていたのですが、その時に飲んでいたものがオレンジジュースをベースにしたノンアルコールカクテルでした。

そのせいか血便という症状が出てしまったので、 現在はまったく摂取しないようにしております。それほど頻繁に飲んでいたわけではありませんが「このくらいでも(その時のように)症状に出てしまうのか・・・」とビックリしました。

それは紅茶(レモンティ)を飲む時のレモンスライスも、もちろん気をつけなければなりません。出来ればレモンもミルクも入れない方が良いのかも。

このように、「これもダメ、あれもダメ」と書くとストレスに感じる方も多いと思うので、その辺は自身の身体と担当医・栄養士相談しながら決めていった方がいいですよね。

また現在、クローン病・潰瘍性大腸炎に関しても、その他の難病に関しても様々な患者さんが実体験をこのようなブログを通して情報発信しておりますので、参考にしつつも自身の症状に照らし合わせて考えることも大切です。

私も(国内外の専門サイトと合わせて)そのようにして前向きに対処しております。

QOL(生活の質)を向上させながらハッピーに生きるために。
 


スポンサードリンク(Amazon.co.jpより)