クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

2015年06月

ヨーグルト=乳酸菌。

ヨーグルト=朝食べるもの。

昔からそういったイメージが根強いですが、ある記事によると「ヨーグルトは夜食べた方が胃腸に良い(乳酸菌の効果を引き出しやすい)」のだとか。

情報源はこちら

最近テレビや雑誌などでも「空腹時に乳酸菌を摂取しても、胃酸の関係で効果が薄れてしまう」というのは一般的な知識となってきましたが、「夜食べた方が良い」というのはちょっとした新しい考え方かも知れませんよね!?

ヨーグルトのみならず、ヤクルトやその他の乳酸菌飲料を色々試している方も多いと思います。IBD患者はもとより、胃腸が気になる方は特に・・・。

この方法、ちょっとは試してみる価値はあるかも知れないので、早速実行してみようと思います。 

スポンサードリンク

「牛丼」・・・時々食べたくなりますよね~。

とは言っても、中々怖くて食べられない・・・という方も多いと思います。

私もその一人。

そこで、すき家のホームページで牛丼の脂質を調べてみました。こちらです。 
また、吉野家のホームページで同じく牛丼の脂質を調べてみました。こちらです。 

興味深いのは、同じ牛丼でも脂質がこれほど異なるということ。ちなみにIBD(炎症性腸疾患)患者における、1日の脂質量は30グラム程度が好ましいと言われています。これが一つの判断基準になっているのが一般的です。

もちろん症状や体質によって個人差がありますが、こういったデータを見ることで色々と判断材料になるかも知れません。

栄養士や医師によっても「これは良い、これは控えた方が良い」という意見も異なるので、あとは自身で判断するしかないのですが、「楽しく過ごす、楽しく食べる」意味でも色々と工夫をしてみる、選んでみるという選択肢も大切かも知れませんよね。


スポンサードリンク

まもなく季節は夏へ・・・枝豆が恋しくなる時期でもあります。

とはいえ、これほど美味しい枝豆もまた、私たちクローン病や潰瘍性大腸炎の患者にとっては「避けたい食材」でもあります。

何故か・・・

枝豆の表面を覆っている「薄皮」にどうやら問題があるようです(個人的見解や周囲の方々の体験談より)。この薄皮は消化が良くないので、痛みや症状の原因ともなりますよね。IBD患者ではなくても、中には「枝豆を食べるとお腹が痛くなる」というような小さなお子さんもいらっしゃるようで・・・。

枝豆といえど、いわゆる大豆・・・納豆においても同じことが言えますよね。

納豆の食べ方においても(栄養士さんの話によると)IBD患者がどうしても食べたい場合は、ひきわり納豆を少量・・・という方が良いようです。というのは、ひきわり納豆の場合は薄皮が取り除かれているのだとか。 これならちょっとは食べれるかも(症状によって見解も異なるので、詳しくは医師・栄養士に相談してみましょう)。

枝豆がどうしても食べたい場合も、薄皮を取り除いて良く噛んで食べれば、少しは摂取できるかも(腸が詰まりやすい方、症状が出やすい方は避けて下さいね)。  

スポンサードリンク

このページのトップヘ