クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

2017年05月

IBD(炎症性腸疾患)患者にとって、コーヒーはあまり良くないと考えられています(一説にはグレーゾーンとも)。いずれにしても個人差があり、脂質が良くないのか、カフェインが良くないのか定かではありませんが、今回は「カフェインレスコーヒー」についてお話していきたいと思います。

私自身、最近ではコーヒーは控えております。以前はよく飲んだのですが、どうやら合わない様子。しかし、このところのニュースですとミスド(ミスタードーナツ)・スタバ(スターバックス)・ローソンなどで「カフェインレスコーヒーの販売を開始した」とのことでしたので、試しにミスドへ・・・

その感想ですが、「(飲みながらティースプーンでこまめにかき混ぜないと)ちょっと粉っぽいかな」というもの。味はしっかりコーヒーですが、風味やコクに物足りなさを感じます。雰囲気を楽しむ分には十分かも知れません。

スタバやローソンのものは試していないのでわかりませんが、市販されているものでも粉っぽいものもあるので、(試すのでしたら)よく選んで行きたいものです。

とはいえ、飲食物の影響に伴う症状は時間が経過してから出る場合があり、「私は大丈夫」という方でも多飲はお勧めできませんので、お気をつけ下さいね。

スポンサードリンク

「暖かくなってきたし、そうめんも飽きてきたし・・・」

という時もあると思います。

食べるものが限られているからこぞ、工夫して美味しく食べたいですよね!

そこで、「そうめんで出来る冷やし中華風レシピ(ちょっと大げさ?)」をご紹介します。

【作り方(1人前)】

1.そうめん(1人前)をあらかじめ茹でてしっかり流水で洗い、水をよく切っておきます。

中華麺はかんすいが良くないとされているので、使いません。

2.錦糸卵や湯むきしたトマト(種を除く)、魚肉ソーセージなど食べれる具材を刻んでおきます。

食べれる具材に関しては個人差があると思いますので、調整してみてくださいね。

3.冷やし中華のたれを作ります。

◎めんつゆ(3倍希釈用)大さじ2
◎お酢         大さじ1
◎水          大さじ1
◎砂糖         小さじ1プラスα(お好み)
◎すりゴマ(食べれる人のみ)適量

すりゴマのところで本来はごま油を微量使用したいところですが、IBD患者の場合調子が悪くなることもあるので、油は避けたいです。

4.1と2を盛り付けて、3のたれをかけて出来上がり!


意外なくらい簡単だと思います。このたれ、私の中では黄金比なのですがお好みで調整してみてくださいね。


スポンサードリンク

このページのトップヘ