同じIBD(炎症性腸疾患)でも、クローン病と潰瘍性大腸炎では食事(制限)の違いなども出てきます。今日はその辺について。

入院中にも気づいたことですが、食物繊維や脂質に制限があるクローン病食に比べると、潰瘍性大腸炎食はクローン病のそれほど制限はないように見えます。

その理由として、クローン病には小腸にも疾患があるケースが多いことが起因しています。狭さく(狭くなること)を起こしていたりすると、食べ物が通りにくかったり、詰まる可能性も出てくるので、食物繊維や消化のよくないものは制限をされたりするということです。

とはいえ、潰瘍性大腸炎の場合も、症状が大きくあらわれている場合はクローン病食と同じような低脂質で消化のよいものを食べることがよいとされています。

いずれにしても、下痢を起こしやすい病気なので、クローン病の方も潰瘍性大腸炎の方も水分摂取を心がけることが大切です。

詳細に関しては担当医や栄養士(IBDに詳しい)と相談し、自身の症状と照らし合わせながら相談してみることが大切です。

スポンサードリンク