通院・入院を通してたくさんの方と語り合ってきましたが、IBDであるクローン病にしても、潰瘍性大腸炎にしても、体調に波がある方がほとんどのようです。

それゆえ、(治療・手術)入院⇒退院をしても数ヶ月や1年ほどで再入院というケースもあります。仕事や家事、勉強などで無理をしたり、無理な食生活を送ったり・・・原因は様々ですがIBDはその繰り返しという側面を持っています。

私自身も体調に波があり、時折食事をセーブしてラコールやスポーツドリンクだけで日々を送ることもあります。その時はCRPも高く医師に要注意と診断されることもあります。しかし、食べたいのをちょっと我慢してみると、CRPもグーンと下がり、それでいてアルブミンやヘモグロビンの状態も維持することも出来たりします。

先日もCRPが4.3ほどあったものが、食事制限だけで0.3まで下がりました。「ちょっと体調がおかしいな・・・」と感じていたので、青汁やラコール・スポーツドリンクやドリンクゼリーを中心に2週間ほど過ごした結果です。

食欲というのは、もしかしたら私たち人間の中で一番強い欲求かも知れませんよね。だから体調が芳しくなくても中々我慢できないことも多いかも知れませんが、この我慢は「再び美味しいものを美味しく食べるための我慢」ですから、ほんのちょっとだけセーブしてみる・・・そしてその中で楽しみを見つけてみる・・・という考え方も必要なのかも知れませんよね。


スポンサードリンク