クローン病にしても、潰瘍性大腸炎にしても、診断されたばかりの頃って「どうしたらいいんだろう?」と不安にさいなまれることも多いと思います。

専門科がある病院では医師や薬剤師、栄養士などに相談することが可能ですが、そうでない地域も多いため(私も同様で、遠方へ通っています)、何かと不便ですよね。

以前から記事にしていることですが、そういったことを解消するために患者間の連携を大切にすると良いと思います。 

入院は出来ればしないほうが良いですが、入院してしまったら同部屋の患者さんや同じ病棟の患者さんと挨拶くらいは交わすわけですから、次第にそういった話にもなってくると思います。

同じIBDでもクローン病と潰瘍性大腸炎とでは若干異なりますが、根本的な部分では似通ったところもあるので、共感・共有できることも多いです。

このようにどうせ入院するなら何かを得て退院していきたいものですよね。

だからと言って連絡先を交換する必要もありませんし、交換しても連絡を取り合うようになるのは最初のうち。次第にお互いがお互いの生活に戻っていくため、疎遠になっていくものですから(苦笑)。

ネット上の情報(この記事も含む)だけだと、知りたい情報にたどり着けないこともありますし、個人差もあるので詳しく聞くこともできませんし・・・

私は幸い、たまーにですが連絡、情報交換をする同病の患者さんがいるので、大変助かっております。通う病院も専門科があるため、外来時に知人(入院時に知り合った方)に合うことも少なくありません。

このように連絡先を知らなくても情報交換をすることも出来ます。もっともシャイな方もいらっしゃると思いますので、そういった場合は医師に遠慮せずに色々尋ねることをおすすめします。話しづらかったら看護師さんにも。臨床経験豊富な看護師さんは頼りになりますヨ! 


スポンサードリンク