クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

カテゴリ: 症状改善に効く飲み物・食べ物

クローン病の症状で少なくないのが腸閉塞。小腸や、大腸とのつなぎめ辺りに見られる症状なのですが・・・もしそうなった時、予約外や救急外来で病院へ行きますよね。


レントゲンやCTなどで検査した後、入院になるケースもありますが、その際はしばらく点滴にて絶食。腸を休める治療に入ります(自身の体験です)。


ガスや便の出具合を見て、小腸造影などの検査をすることもある訳ですが、「手術」なんてことになったら、すぐに出来る訳でもなく・・・絶食のまま入院して待つか、一時退院して手術日まで自宅待機・・・なんてことも。


その際、栄養点滴(CV)で栄養や水分を補うか、ラコールかエレンタールで過ごすことになります。固形物を食べたら詰まってしまうので当然と言えば当然。


でも、それだけだとお腹が空きますよね。


あくまでもある程度腸を通過する状態での話ですが、私の場合は具なしのスープで栄養を摂り、空腹をしのぎます。その際に利用するのが(過去記事にも書きましたが)お茶・だしパック。ただし、とろみのあるものの場合は漉すことが出来ないので、要注意。


そんな時、更に茶漉しを使ったりします。
(下記はアマゾンの参考画像ですが、100円ショップで充分です)


以前、「コーンポタージュだったら、コーンだけ出せばいいや」というノリでスプーンですくい出して飲んでいたら・・・コーンの粒も飲んでしまったようで、便に混ざっていた・・・というヒヤリ体験がありました(汗)詰まったら大変です。


この時から、「どんなスープでも、固形物を最小限に」という思いで茶漉しを活用している訳です。


絶食治療の場合、「絶飲食」ということもあるかと思います。そんな時はこの技(?)は使えませんが、「水分はOK」ということであれば、医師に相談してこういった方法でスープなどを飲むということもアリですよね。


以上、いつものごとく体験談からお話しましたが、あくまでも参考まで。腸の状態や症状には個人差があるので、重複しますが、医師と相談してから判断してくださいね。


100円ショップやドラッグストア、スーパーなどで売っているインスタントのスープで、脂質が低いもの、具を上記のように取り除けば飲めるものをこういった方法で飲用できれば、わずかでもストレス解消にもなるかも知れませんので。



スポンサードリンク

栄養を摂っても、中々身にならない(下してしまうからか)IBD・クローン病患者(の私)。手術直後・退院直後は増えることもありましたが、手術を重ねるごとに中々増えづらくなったりします(腸がその分短くなっているせいか)。

そこで色々調べたところ、トレーナーをしている知人が「アミノ酸を摂ってみたら?」といったので、これを購入。現在毎日飲んでいます。

▽こちらは必須アミノ酸に加え、クエン酸を摂ることで身体を元気にするというもの。



アミノ酸は運動前後に摂ると良いそうで、疲労回復のためには就寝前に摂ると良いのだそう。

アスリート=アミノ酸摂取のイメージがあるのは、「運動をしてアミノ酸を摂取することで筋肉が増強できる」という仕組みから。

そもそも、アミノ酸は私たちの身体になくてはならないもの。必要栄養素の一つです。詳しい事柄についてはこちらを参照してみてはいかがでしょうか。

アミノ酸大百科(味の素)

アミノ酸の効果的な摂取方法(ヘルスケア大学)

いずれにしても、食べるだけでは体重増加は見込めない体質なので、運動をしてアミノ酸を摂取して、栄養バランスを考えた食事をして・・・と何とか頑張ってみます。

体重増量計画・・・結果はまた後日。

スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎、クローン病を問わず、主症状の一つに「下痢」がありますよね。しかも脱水症状やカリウム不足につながってしまうこともあるので(入院治療が必要なケースも)、できる対策はしておきたい。

私自身「何を食べても下してしまう、何を飲んでも・・・」ということが多々あるので、今回飲み水を変えてみました。


日田天領水

きっかけは、ある日同病の患者仲間と話をしている中で、「スポーツドリンクや清涼飲料水のように糖分を含んでいるものを飲むと下しやすい」という意見があり、私自身も思い当たるところがあったので、ミネラルウォーターも色々試しております。

以前飲んでいた温泉水99は胃痛を緩和してくれましたが、下痢までは改善できませんでした(当然といえば当然なのかも)。とはいえ、複数のミネラルウォーターを定期購入するほどスペースも、経済的余裕もありませんので(汗)一つずつ試しているという訳です。

下痢を何とか緩和できれば、体重の増加も望めますし、脱水やカリウム不足そのほかの諸症状の緩和も望みがもてます。

何より、体重の減少は倦怠感にもつながりますし、勉強や仕事、家事など、日常の過ごし方に大きく影響します。それゆえこの症状の改善には試行錯誤の日々です。

話は変わりますが、IBD患者の皆さん、5月19日は「世界IBDデー」でした。この日は世界各国で啓発イベントなどが開催されています、色々得るものもあるので調べてみると良いですよ。

また、これから暑くなってきます。水分摂取を心がけて「おかしいな」と思ったら早めにかかりつけの病院へ行きましょう!それでは皆さんご自愛下さいね。

スポンサードリンク

このページのトップヘ