クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

カテゴリ: 症状改善に効く飲み物・食べ物

潰瘍性大腸炎、クローン病を問わず、主症状の一つに「下痢」がありますよね。しかも脱水症状やカリウム不足につながってしまうこともあるので(入院治療が必要なケースも)、できる対策はしておきたい。

私自身「何を食べても下してしまう、何を飲んでも・・・」ということが多々あるので、今回飲み水を変えてみました。


日田天領水

きっかけは、ある日同病の患者仲間と話をしている中で、「スポーツドリンクや清涼飲料水のように糖分を含んでいるものを飲むと下しやすい」という意見があり、私自身も思い当たるところがあったので、ミネラルウォーターも色々試しております。

以前飲んでいた温泉水99は胃痛を緩和してくれましたが、下痢までは改善できませんでした(当然といえば当然なのかも)。とはいえ、複数のミネラルウォーターを定期購入するほどスペースも、経済的余裕もありませんので(汗)一つずつ試しているという訳です。

下痢を何とか緩和できれば、体重の増加も望めますし、脱水やカリウム不足そのほかの諸症状の緩和も望みがもてます。

何より、体重の減少は倦怠感にもつながりますし、勉強や仕事、家事など、日常の過ごし方に大きく影響します。それゆえこの症状の改善には試行錯誤の日々です。

話は変わりますが、IBD患者の皆さん、5月19日は「世界IBDデー」でした。この日は世界各国で啓発イベントなどが開催されています、色々得るものもあるので調べてみると良いですよ。

また、これから暑くなってきます。水分摂取を心がけて「おかしいな」と思ったら早めにかかりつけの病院へ行きましょう!それでは皆さんご自愛下さいね。

スポンサードリンク

クローン病や潰瘍性大腸炎の患者にとって、(夜に限らず)脱水症状や低血糖って怖いものですよね。これは普段健康体な方でも同様です。

特にIBD(冒頭の病名)患者にとっては、起こりやすい症状の一つともいえますし、私自身も経験があります。この病気はしっかりと食べても栄養が(下痢などによって)流れてしまうため、そういった症状が起こりやすいわけですが 、それを一時的にでも防ぐ方法をご紹介します。

ただ、これは私自身の体験談ですのでご参考程度にして下さいね。詳しい内容は専門家(医師・看護師・薬剤師等)にお尋ね下さい。

日中もそうですが、私の場合は手元(仕事中などにも)水分や飴類は常に置いておくことが多いです。寝るときもラコールやスポーツドリンクをペットボトルに入れたものを枕元に置いておくことで、脱水や低血糖に備えています。

(私個人は)低血糖はそれほど起こらなかったのですが、下しやすい時は(脱水とあわせて)ちょっと不安になるため、備えておくようにしています。

そこで夜何度もトイレへ行くような体調の日は、こまめに少しずつスポーツドリンクで水分摂取を心がけるようにしています。

いずれの症状にしても、すぐには動くことは出来ないこともあるため、このように「手を伸ばせば届くところへ置いておく」というのは大切かも知れませんよね。 

スポンサードリンク

「かにかま(かに風味かまぼこ)」

すぐにお気づきになるかと思いますが、「脂質が少ない食べ物」ですよね。

一般的には100グラム中、0.5グラム。商品によってはそれ以下と脂質がほとんどありませんので、IBD患者にとっては優しい食材です。もちろん、食物繊維もあまりありませんし。

私の場合は、にゅうめんやうどんを作る際に、かにかまを細かく割いてだし汁に入れ、水溶き片栗粉を入れてあんかけ状態にして食べます。

かにかまの旨みも出るので、とても美味しいです。その他にも、かにかまを使った「かに玉(もどきですが・・・)」なども良いですよね。 

こんな風にして身近な食材でひと工夫することで、食事のレパートリーを増やしていきたいですね。 

スポンサードリンク

このページのトップヘ