クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

カテゴリ: クローン病・潰瘍性大腸炎と日常生活

IBD、クローン病・潰瘍性大腸炎といっても、同じ病名だったとしても、他の病気もそうであるように症状には個人差があります。

診断をされ、ある程度投薬治療などをしただけで、食べ物は普通に食べている(脂質の高さや残渣の多少関係なく)という患者さんもいれば、食事制限をしていても症状が悪化・再燃してしまうケースもある…IBDにもそういった側面があります。

私自身、かなり気を付けている方ではありますが、腹痛や下痢、血便等々、症状に悩まされては入院や手術を何度も経験してきました。

そういうこともあり「不公平感」を感じているという他の患者さんのお気持ちも分かります。

SNSを見ていると、健康な人とまったく変わりのない食事をしているIBD患者さんもいらっしゃるんだなとうかがい知ることが出来ます(写真や投稿記事で)

中には、そういった食生活が原因で(流れから見ていると)後日「お腹の具合が…」という記事を見ることもあります。

人間の基本的欲求の一つでもある「食欲」と向き合わなければならないし、食事は人間関係にも直結(会食など)することが多いので、「やむを得ず」という機会もあるかも知れません。

ですが、ただ欲求や義務・義理に従ってしまっていては、後々自身の体に大変な思いをさせてしまう、ご自身が大変な思いをしてしまう可能性は大きくなりますよね。

そういった意味でも、普段は「低脂質・低残渣」を守った食生活を送った方が良いんじゃないかな…と個人的には思います。

医師や栄養士に相談しながら、自身の体と相談しながら、体調の良い状態を一日でも長くキープしながら、QOL(生活の質の向上)を図っていきたいものですね!

スポンサードリンク

一般的にIBD(クローン病・潰瘍性大腸炎)患者の腸内環境はあまり良くないとされています。

それらを軽減するために、食事療法や投薬で対処していくことがほとんどかと思いますが、それでも「ガス(オナラ)が溜まりやすい」という声をよく見聞きしますし、私自身もそれで悩むことが多いです。

ストーマ装具を付けている方は尚更大変ですよね。その都度トイレへガス抜きにいかなければなりませんから…

「食事が原因かな?」「それとも他に何かあるのかな?」と多くの方が悩み、考え、試行錯誤していることと思います。私も色々とやってみました。

そこで分かったことは「ストレス・疲労も関係しているのでは?」ということ。これらを感じる時のお腹の調子はあまり良くないことが多いです。

そして、入院時には気を付けていた「ゆっくりと食べるということ」を今一度改めて取り組み始めました。すると、連日ガス溜まりに悩んでいたのが今のところ治まってきています。

患者仲間の間では「ガスピタンを使ってみた」という方もいらっしゃいますが、IBDの場合はあまり効果は望めないとのことです(あくまでもその方の見解です)

基本的なところへ立ち返ると、「早食いは空気をためやすい」と言われていますし、「飴やガムも食べすぎるとガスになりやすい」という話もよく聞きます。

そういったところにも気を付けながら、腸内環境に良いとされている乳酸菌などを適度に摂取しながら、過ごしていきたいものですね。

スポンサードリンク

(以下、私自身の体験記となります。すべての人に当てはまるものではないので参考程度にご覧ください)

IBD患者(クローン病・潰瘍性大腸炎)にとって、トイレの回数が多い、下してしまうというのは日常的なことかと思います。入院時に尿や便の量を測ることでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、便の回数や量が尿と逆転してしまう…ということもあります。

すると、脱水しやすかったり、その影響で様々な栄養素が体内に吸収することなく流れていってしまう、不足してしまう…その一例がカリウムやミネラルの不足につながってしまいます。

栄養素の不足は体にも様々な症状を引き起こしてしまうこともあるので、ちょっとでも不安に感じたら、かかりつけの病院で(場合によっては予約外や救急外来などでも)診て頂いたほうが良いです。その辺はどうかご無理なく。

私自身も様々な症状を経験して来ているので、「これは〜が不足しているのかな」とか「もう少しゆっくり水分と摂ってみよう」とか「もうちょっと〜を補給しよう」と対策を講じることもあります。ただ、自己診断は良くないので、外来・診察時に主治医に疑問に思ったことや不安に思ったことは尋ねるようにしております。

これってとても大切ですよね。

話は脇道にそれますが、ヒュミラ などの「免疫抑制・調整剤」の類を使用している場合、「風邪をひいたときの対処法」なども気になりますし、それは患者の体調によっても異なるので、なんでも主治医に聞いてみることにしております。 

夏場に限らず、冬の季節でも、健康な人でも隠れ脱水(症状)になりやすいと言われております。それは乾燥が起因しているそうなのですが、夏場に比べると冬は油断してしまい「水分摂取の意識が薄れるから
」というのもあると思います。

私たちIBD患者は特に「少しずつ、こまめに摂るように」気をつけて、脱水を回避するようにしていきたいですね。 

一気に「ガブガブと」飲んでしまうと、それがそのまま流れてしまう、下してしまう原因にもなりますので、あくまでも「こまめに、ゆっくりと」が大切(と主治医にも指導されました)。

また、甘味料を含んだものは(健康な人でも)お腹が緩くなるという傾向もあるようですので、その辺も(心当たりの方は)主治医・専門医に聞いてみるといいかも知れません。 


スポンサードリンク

このページのトップヘ