クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

カテゴリ: クローン病・潰瘍性大腸炎と日常生活

オストメイト(ストーマ保有者)にとって、夏はあまり良い季節ではないかも知れません・・・というのは「汗」をかくから。

そのための対策は色々と議論されて(?)いますが、今回ここでも少し記述したいと思います。病気・食事対策同様、色んな考え方があるので、あくまでも一論としてご覧頂ければと存じます。

汗をかくと装具(パウチ)がはがれやすいのは、実感している方も少なくないと思います。むしろ大多数の方がそれで悩むことが多いのではないでしょうか。

こちらの本サイトの方でも、具体的に色々と情報を掲載されているので、そちらでもご覧頂ければと思いますが、装具交換を「中2日」の人でしたら、「中1日」もしくは「毎日」という風に、夏だけ(汗をかきやすい季節だけ)変更している方もいらっしゃいます。

これはストーマケア外来で教わって、そのようにしているケースが多いようなのですが、装具によっては毎日交換するのに適さないものもありますので、その辺りは取り扱い業者さんや認定看護師さん(WOC)に尋ねてみてはいかがでしょうか。

海外では装具をつけた状態で水着に着替えた様子をYouTubeやインスタグラムでアップロードしている方が多数いらっしゃるほどオープンな文化ではありますが、日本では(他人の視線が気になるお国柄か)それほど見かけることはありません。それゆえ「相談しにくい悩み」でもあるのですが、同病患者や入院時に知り合った方々と情報を交換することも大切ですね。

話は前後しましたが、具体的な対策の中には他にも、キッチンペーパーを面板の周りに装着することによって、汗を吸収させて(装具を)はがれにくくするという対策もあります。

また、これは直接ストーマ装具対策ではないのですが、IBD患者にとって「脱水」は密接な関係にあります。入院要因の一つに「脱水症状」「カリウム不足」等がよく聞かれる様に、水分摂取も常に心がけていく必要もあります。

そのためには水分のみならず、バナナを食べるなどして「カリウム補給」に、麦茶などを飲むことによって「ミネラル補給」に(これだけではなく、他にも自身に合った対策を摂ってみてくださいね)と、色々と対策は必要です。とはいえども、それほど難しいことではありませんので、習慣化することで身体を守っていきましょう!

そもそもいずれにしても「暑さ」や「汗」が大きく影響してくるので、「不要不急の外出を避ける」とか、「外出時にも木陰・日陰を選ぶ」とか「エアコンのあるところへ随時避難する」といったような事も大切ですね。

2018年、その後も酷暑が予測されているので、こういった対策プラスアルファを心がけていきましょう!

スポンサードリンク

5月19日は「世界IBDデー」です。IBDとは「炎症性腸疾患」(Inflammatory Bowel Disease)のことで、主に潰瘍性大腸炎やクローン病を意味します。この病気をご存知ない方に理解の輪を広げたく、発信致します。

https://worldibdday.org

2016年現在、潰瘍性大腸炎・クローン病の患者を合わせると、20万人ほどと言われております(日本国内のみの推計)

ネット上、どこまで正確かわかりませんが、どの関連情報を閲覧しても、未だに増加傾向にあるようです。

当初「食の欧米化が原因ではないか!?」などと言われておりましたが、発症原因において一部は解明されつつあるものの、明確な原因までは至らないようです(私の知る限りでは)

私の体験でお話すると、思い返せば「これがすでに発症時期だったのではないか?」という頃がございました。その時に病院で検査を行ってはみたものの、医師にIBDの知識が乏しく「単なる胃腸炎」くらいにしか診断されませんでした。

クローン病と診断されるまで、10年以上かかった訳ですが、現在は専門科(IBD科)のあるところで診て頂いており、入院を機に知り合った仲間とお話をしてみると「私もそうだった」という方が多かったです。

血便や腹痛など「病院で診てもらったのに、おかしいな・・・」と思ったら、消化器専門の診療科・医師に(もっというとIBDも診て頂ける病院)診て頂くことをお勧めします(私の地元では消化器科でもわかる医師ががいなかったのですが)。

また、IBDの場合、肛門疾患として表れることもありますので、ご注意下さい。ネットの情報で自己診断してしまうのが一番混乱を招く原因となりますので。

スポンサードリンク

一般的にガス(おなら)が中々抜けない・・・ってことありますよね。

特に小腸〜大腸に狭窄や病変がある場合、便が出づらいということもあります。
(傷みが伴う場合は、下記の運動をお控えくださり、医師に御相談ください)

そういった場合の、一般的な運動方法をご紹介します。とは言っても、これは大手薬品会社のホームページで見つけてきたもの。

入院中に「たくさん歩いているし、水分も摂ってる、だけどガスが出づらいな、便が出ないな」と悩んでいた時に発見しました。ベッド上で行ったところ、効果覿面でした。
(すべての人に即効性があるわけではないと思います。症状に合わせて、不安な方は医師・看護師にご相談下さい)

大幸薬品HP「基本ガス抜きのポーズ」

重複しますが、IBD患者さんの場合は、腹痛を伴うこともあるので、優しいポーズで行なってみてください。 

特に手術直後は傷口が大変デリケートな状態になっておりますので、そういった場合は行わない方が良いかも知れません(医師にご相談下さい) 

スポンサードリンク

このページのトップヘ