以前もアップしてアクセスが多く好評のようでしたので、パスタ料理を新たにアップします。

それは・・・

「ナポリタン」

好きな人多いですよね~♪

▽まずは材料から。

パスタ
たまねぎ
ピーマン
魚肉ソーセージ
ほんだし

オリーブオイル
ケチャップ
パルメザンチーズ


1.まず、塩を入れたお湯でパスタを茹でます。クローン病や潰瘍性大腸炎の方の場合、消化のことを考えてアルデンテより長めに茹でることをお勧めします。

2.その間に、フライパンにオリーブオイルをひいて、野菜(たまねぎ・ピーマン)と魚肉ソーセージを炒めておきます。使用する野菜・具材に関しては、症状等個人差がありますので、体調に合わせて選びましょう。

3.そこへ茹であがったパスタと、茹で汁(これで塩加減)を入れます。茹で汁はカップ1杯程度でいいと思います。調理カップのない方は、マグカップ軽く一杯程度と覚えておきましょう。

4.そこへほんだし(小さじ1杯程度)、ケチャップを適量入れます。この際、茹で汁が入っていることもあるので、フライパンを返すよりも菜箸やトングで具材を回すようにして炒めると飛び散らずに済みます。

5.ケチャップを使ったパスタの場合、フライパンの中でケチャップの水分を飛ばす(炒めることにより蒸発させる)ことにより喫茶店のような美味いナポリタンを作ることができます。ある程度水気がなくなってきたらフライパンを返しながら、ケチャップをちょっぴり焦がすつもりで炒める・・・それが今回一番のポイントです。
 
出来上がったらお皿に盛り付け、お好みで粉チーズやパルメザンチーズをかけて食べると美味しいですよね。


▽更に、炒め物に関してワンポイント。

我が家では家族が理解してくれていて、炒め物を作る際にもオリーブオイルを使って作っています。 また、おかずに関しては出来る限り同じものをという日もあれば、別メニューの時もあります。

IBD(炎症性腸疾患)の患者にとって必要なのは家族や友人の協力です。時として世間の冷たさを感じることもあるかも知れませんが、家族はもちろんのこと、力を貸してくれる人はいるはずですヨ。 

スポンサードリンク