クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:クローン病カフェイン

クローン病患者にとって、食べ物はもちろんのこと、飲み物との相性は気になるものです。

一般的に、炭酸飲料や柑橘類のジュース(レモン・オレンジなど)は刺激になるので良くないと考えられていますが、私が教わったところコーヒーはグレーゾーンなのだとか。つまり「個人差のあるもの」ということ。

コーヒーのほかにも、紅茶(ミルクティー)も体に合わないという方もいらっしゃいますが、これは脂質が起因しているのか、カフェインが起因しているのかは定かではありません。

・・・ということで、私は念のため紅茶もコーヒーもカフェインレス(デカフェ)商品を飲むようにしています。とはいっても飲んで一日一杯程度ですが。このほか、ココアなども脂質が低い商品を飲むこともあります。ただ、体調が良くないときは控えたほうが良いかも。

最近ではスターバックスやミスタードーナツなどでもデカフェのメニューがあるので(飲める人にとっては)嬉しい限りですが、そうでない方は他のメニューを選びましょう。

体に合わない場合、下してしまったり、腹痛や気持ち悪さが伴うので、そういった症状が出る方は控えたほうがよいと思います。

下記の商品などはその一例です(画像をクリックでアマゾンの詳細記載へ)





この記事に限らず、これは体験談の一例です。詳しくは担当医にご相談下さい。

スポンサードリンク

カフェイン・・・IBD患者にとってはよくないものと考えられていますよね。

そういった意味では、コーヒーを飲まない方も多いと思います(私も)。

飲み物そのだけをとって考えれば、コーヒーも紅茶も緑茶もカフェインは含まれています。ただ、緑茶に関してはコーヒーや紅茶に比べると少ないようです。

先日、胃痛・胃もたれの話をしましたが、私の場合紅茶を毎日愛飲していることにも原因があったようです。紅茶のカフェインはコーヒーにも匹敵しますので(汗)

▽そこで購入してきたのがこちら。


日東紅茶 カフェインレスアールグレイ

ごくごく微量は含まれておりますが、ほとんどカフェインが入っていないに等しい紅茶。市販のものに比べたらないに等しい。

早速飲んでおりますが、胃にも負担がないように思えます(個人的感想)。

クローン病に限らず、胃腸の弱い方はこういったカフェインレスの飲料を探し求めてみるのも解決方法の一つかも知れませんね。 

スポンサードリンク

このページのトップヘ