クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:クローン病ブログ

クローン病ブログ、潰瘍性大腸炎ブログ(患者ブログ)・・・IBD患者にとって、「体験者・経験者の話を参考にする」ことは多いと思います。

そこで、こういったブログの記述や情報が役立ちます。その他にもツイッターなどSNSで情報を発信している患者さんも多いようですが、中には「絶対にマネしてはいけない情報」も多く含まれています。

例えば食事・・・腸が細くなっている患者さん、腸閉塞のおそれがある患者さんは特に注意したいのですが、きのこ類などは消化しにくく詰まりやすい食材です。にも関わらず、そういった食材を常食にしている方もいらっしゃいます。

えのき、しめじ、しいたけ・・・私は絶対に食べない食材です。ツイッターでそれを見た時には「え!?この患者さん大丈夫なの?」と驚きましたが。

とはいえ、当方のブログもすべての情報がすべての患者さんに当てはまる訳ではありません。クローン病と潰瘍性大腸炎を比較しても、「食べることの出来る食材」は若干異なります。

ましてや、IBDは個人差・症状差の多い病気ですので、基本的には栄養士さんや医師、看護師、薬剤師に相談した上で自身に適した治療法や食事を見出していくのが一番だと思います。

プラス、患者同士の情報交換や、こういったネット情報を若干参考程度にしてみる・・・くらいがちょうど良いと思います。


スポンサードリンク

前回、小林麻央さんのブログについて書かせて頂きましたが、最近特に「病気に関連するブログ、闘病ブログを書くことの意味・意義」について実感することが多いです。

とかく、治癒が難しいとされる病気と向き合う患者にとって、日々や自身を見つめるということはとても大変なことだと思います。

「病気(闘病中・治療中)であること=とても頑張っている状態」であるのに、それ以上のことをする(家事や仕事・勉強等々)ことが苦痛であるという方の意見も伺ったことがあります。

その人それぞれ置かれた状況や価値観、考え方が異なるので一概には言えませんが、(何かの記事で読んだのですが)専門家によると「闘病ブログというのは色んな効果をもたらす」ようです。 

その記事を読んだ人が勇気付けられたり、書いている本人の心が自然と整理された状態になっていったり・・・そもそも「書く」ということの意味・意義に気づくことが多いですよね。

当ブログはIBD(炎症成長疾患=クローン病や潰瘍性大腸炎)に関して書いておりますが、食事や人間関係、仕事の悩み等々、訪れる方々にとって少しでも前を向ける材料になってくれれば幸いです。 

スポンサードリンク

このページのトップヘ