クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:クローン病原因

5月19日は「世界IBDデー」です。IBDとは「炎症性腸疾患」(Inflammatory Bowel Disease)のことで、主に潰瘍性大腸炎やクローン病を意味します。この病気をご存知ない方に理解の輪を広げたく、発信致します。

https://worldibdday.org

2016年現在、潰瘍性大腸炎・クローン病の患者を合わせると、20万人ほどと言われております(日本国内のみの推計)

ネット上、どこまで正確かわかりませんが、どの関連情報を閲覧しても、未だに増加傾向にあるようです。

当初「食の欧米化が原因ではないか!?」などと言われておりましたが、発症原因において一部は解明されつつあるものの、明確な原因までは至らないようです(私の知る限りでは)

私の体験でお話すると、思い返せば「これがすでに発症時期だったのではないか?」という頃がございました。その時に病院で検査を行ってはみたものの、医師にIBDの知識が乏しく「単なる胃腸炎」くらいにしか診断されませんでした。

クローン病と診断されるまで、10年以上かかった訳ですが、現在は専門科(IBD科)のあるところで診て頂いており、入院を機に知り合った仲間とお話をしてみると「私もそうだった」という方が多かったです。

血便や腹痛など「病院で診てもらったのに、おかしいな・・・」と思ったら、消化器専門の診療科・医師に(もっというとIBDも診て頂ける病院)診て頂くことをお勧めします(私の地元では消化器科でもわかる医師ががいなかったのですが)。

また、IBDの場合、肛門疾患として表れることもありますので、ご注意下さい。ネットの情報で自己診断してしまうのが一番混乱を招く原因となりますので。

スポンサードリンク

免疫異常とか、欧米食が起因しているとか、様々なことが言われている「クローン病」ですが、先頃阪大の香山助教授らの研究によって発症メカニズムの一端が解明されたと毎日新聞が報じております(以下引用)。

異常な免疫細胞が肝臓で作られた胆汁酸に触れ、腸内で暴走して炎症を起こすとみられ、新たな治療法の開発も期待される。研究成果は20日、米科学誌イミュニティー(電子版)に掲載された。

また更に、

回腸には胆汁酸を吸収する役割がある。そこでマウスの餌に胆汁酸を吸着する樹脂「コレスチラミン」を混ぜて投与すると、炎症が抑制できた。これは胆汁酸と異常なリンパ球が触れ合わないようにすることで、炎症を起こす物質がリンパ球から放出されるのを防いだからだとみられる。
(以上ここまで、12月20日毎日新聞記事より

クローン病や潰瘍性大腸炎の患者のリンパ球ではこのたんぱく質の働きが低下していることも判明。ヒトでも回腸では同様のメカニズムで炎症を起こしていると推測できた。

と、ありました。すでに兵庫医大などで新しい治療法の治験が行われていることからも、クローン病の新しい治療法が近い将来確立されていくことになるかも(?)知れない。期待したいところですね。


スポンサードリンク

このページのトップヘ