クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:クローン病外食

IBD患者の多くは定期的に通院されていると思うのですが、大きな病院へ通っている方も多いと思われます。当然費やす時間も多い・・・そんな時、皆さんは食事はどのようにされているのでしょう・・・

ということで、今回は私の場合をお話していきます。

病院の近くのコンビニや、食堂、レストラン、カフェetc...色々選択肢はありますが、IBD患者にとって「食べれるもの」ってやっぱり少ないですよね。弁当といえば揚げ物が多いし、レストランも洋食(ハンバーグやステーキなどの肉系)ばかり・・・これじゃ食べるものが見つからない。

私の場合はそば屋(サラっとした更科系)か、和食(メニューをあらかじめ調べておいて食べれるものがあるところ)、イタリアン(これも同じくサッパリと食べれるものがあるところ)が多いです。 うどん店は腸閉塞以降行かなくなりました(食べれるものは症状や個人差によって異なります)。

それでも時間帯や混み具合、都合などでお店では食べれないこともあります。そんな時は「デパ地下」で探します。その選択肢は限りなく多いので、コンビニの比ではありません。ちょっとお高いですが、そこは日ごろ慎ましやかに暮らしている私たち、こういう時くらい贅沢しちゃいましょうと(笑)

例えば・・・お惣菜売り場で「鰆の西京焼き」とか最高じゃないですか。普段ガマンをしているわけですから、こういう時に好きなもの(支障がない範囲で)を食べて発散すると☆

それらをデパートの片隅や、病院の休憩スペースで食べます。周りの目なんて気にしません。私たちにとっては「一食入魂」、大切な栄養摂取の時間ですから。
 
時折、青魚に多い「押し寿司」を食べることもあります。酢でしっかりしめてあるし、青魚は炎症を抑える作用があるというし(一応、医師や栄養士に相談してみてくださいね)。 

こういったものを購入するときも、ドラマ「孤独のグルメ」風に自身の中で中継しながら(笑)楽しんでやっています。私は料理もするので、その辺は面白く過ごしています。 

スポンサードリンク

IBD患者だって、外食は楽しみたいものですよね。

とはいえ、症状や体調によっても食べれるものに制限があったり、ガマンしなければならないこともあります。でも食べたい・・・どうすれば良いか!?

既出記事にもありますが、改めてご紹介していきます。

私は「食べれる範囲で食べれるものを探し、お店にも協力して頂く」ということにしています。

例えば、イタリアンでの”ぺペロンチーノ”。IBD患者の場合、刺激物は避けたいので鷹の爪(とうがらし)は良くないですよね。そこで「鷹の爪を少なめで(もしくはなしで)お願いします」とお願いしたり、うどん屋さんで”わかめしらすうどん”というのがあるとすれば、「わかめ抜きでお願いできますか?」としてみたり。

人によってはちょっと勇気の要ることかも知れませんが、私たちにとっては食べれる・食べれないは死活問題(!)ですので(苦笑)、食べれる食材があるのであれば、このように工夫してみることも必要ですよね。

また、一緒に食事をする人がいる場合、食べれない食材を相手に食べてもらうとか、 店員さんにも相方にもお願いできない場合はその食材だけ残すとか、いろいろ方法がありますよね。

スポンサードリンク

このページのトップヘ