クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:クローン病腸閉塞

クローン病の症状で少なくないのが腸閉塞。小腸や、大腸とのつなぎめ辺りに見られる症状なのですが・・・もしそうなった時、予約外や救急外来で病院へ行きますよね。


レントゲンやCTなどで検査した後、入院になるケースもありますが、その際はしばらく点滴にて絶食。腸を休める治療に入ります(自身の体験です)。


ガスや便の出具合を見て、小腸造影などの検査をすることもある訳ですが、「手術」なんてことになったら、すぐに出来る訳でもなく・・・絶食のまま入院して待つか、一時退院して手術日まで自宅待機・・・なんてことも。


その際、栄養点滴(CV)で栄養や水分を補うか、ラコールかエレンタールで過ごすことになります。固形物を食べたら詰まってしまうので当然と言えば当然。


でも、それだけだとお腹が空きますよね。


あくまでもある程度腸を通過する状態での話ですが、私の場合は具なしのスープで栄養を摂り、空腹をしのぎます。その際に利用するのが(過去記事にも書きましたが)お茶・だしパック。ただし、とろみのあるものの場合は漉すことが出来ないので、要注意。


そんな時、更に茶漉しを使ったりします。
(下記はアマゾンの参考画像ですが、100円ショップで充分です)


以前、「コーンポタージュだったら、コーンだけ出せばいいや」というノリでスプーンですくい出して飲んでいたら・・・コーンの粒も飲んでしまったようで、便に混ざっていた・・・というヒヤリ体験がありました(汗)詰まったら大変です。


この時から、「どんなスープでも、固形物を最小限に」という思いで茶漉しを活用している訳です。


絶食治療の場合、「絶飲食」ということもあるかと思います。そんな時はこの技(?)は使えませんが、「水分はOK」ということであれば、医師に相談してこういった方法でスープなどを飲むということもアリですよね。


以上、いつものごとく体験談からお話しましたが、あくまでも参考まで。腸の状態や症状には個人差があるので、重複しますが、医師と相談してから判断してくださいね。


100円ショップやドラッグストア、スーパーなどで売っているインスタントのスープで、脂質が低いもの、具を上記のように取り除けば飲めるものをこういった方法で飲用できれば、わずかでもストレス解消にもなるかも知れませんので。



スポンサードリンク

以前の記事で、先日入院したお話をしましたが、そもそもの原因が「腸閉塞」でした。またの名をイレウスといいますが、これは意外な食材がきっかけだったのです。

それが・・・「うどん」

筍(たけのこ)の季節などには、健康な方でも腸閉塞になりやすいという話を病院の看護師さんに聞いたりもしましたが、うどんなどの粉関連は腸内で膨らむこともあるので、気を付けたいですよね。

そうめんやひやむぎなど、細めの麺なら意外と安心して食べれますが、うどんはコシもあり太い・・・。私が食べたうどんは太めでした(汗)。

入院中、ほかの患者さんにもうかがったところ、
「うどんは私も経験があります」とか。

やはり、うどんで腸閉塞になるのは私だけではなかったようです。

基本的に繊維が多い野菜・食材だけが原因となりやすいといわれている腸閉塞(イレウス)ですが、前述のように気を付けなければならない食材は少なくないようです。

また、「下痢気味だから」という理由で服用した下痢止めの薬が効きすぎて、便が固くなって閉塞気味になることもあります。これもまた膨満感でお腹が張り、重くなることもあるので注意が必要です。


スポンサードリンク

このページのトップヘ