IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎)の症状の一つとして「血便・血が混ざる便」というものがあります。私はクローン病なのですが、以前・そして最近でもそういった症状が出ることがありました(あります)。

その対処法・治療法の一例を今回はお話しします。
(病気・症状には個人差があります、あくまでも体験例として御覧下さい)

1.主治医に相談する。
・・・これはまず最初に行って頂きたいと思いますし、その後にお話しする内容もこの項目を前提としております。クローン病も潰瘍性大腸炎も患者さんによって効く治療法や薬、その量も異なってくるので、受診をし、適切な検査を受けた後、主治医の指導に従っていくという形が良いかと思います。

2.消化の良い食べ物にする。
・・・IBDの食事療法の一環として、多くの方がエレンタールやラコールを使用しております。経腸栄養剤な訳ですが、普通の飲み物と同じように摂取すると、下痢の状態や血便の症状が悪化することもあります。このあたりも(医師や薬剤師に相談して)適切な方法で。ということになるかと思います。基本的な摂取方法としては「ゆっくり飲む(1パック1時間~ほど)」ということになります。

私もそのようにしておりましたが、何を飲んでもすぐにトイレ…ということもあったので、さらにゆっくりと「1パック2時間」としたら、少しは改善が見られました。

3.これは2番目の項目と共通していることですが、スポーツドリンクや具のないスープ、葛湯などを食事療法に加えるというものです。この辺も主治医に相談しながらになりますが、症状が緩和してきたら少しずつ食事できるもののレベルを上げて行く…という形になります。

入院の経験があるかたは分かりやすいですが、段階として「水⇒流動食⇒3分粥⇒5分粥⇒全粥⇒普通食⇒退院」という流れになるように、症状に合わせて少しずつというのが基本形となります。

もちろん原則として「低脂質・低残渣」というのが前提でお話ししておりますので、繊維質が多いものや脂質の多い肉類・揚げ物類は避けた方が良いということになります。

以上、このようにザっと挙げてみましたが、病歴が長くなると自身で判断してしまう…ということが多いようです。「以前にも経験したから」というのではなく、「まずは病院へ行ってから」という流れを自身の中で作っておくことも大切ですね。

現在、様々な症状でお悩みの方が御覧になっていることと思いますが、コロナ禍(2020年)不安なことも多いかと思います。外出なども決して無理せずに、外来診察も病院によっては遠隔(電話など)診療を行ってくれるところもありますので、相談してみてくださいね。

スポンサードリンク