クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:ラコール・エレンタール

IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎の総称)の治療法の一環として、栄養療法というものがあります。

IBDの場合、腸が炎症を起こしている(起こしやすい)ということもあり、食事をしても腸がしっかりと吸収しないという傾向があるようで、栄養を補うためや腸を休ませるためにエレンタールやラコールなどの成分栄養剤を服用するケースが一般的になっています。

しかし、エレンタールにしてもラコールにしても、副作用として”下痢や腹痛・吐き気をもよおす”ということもあるので、「時間をかけてゆっくりと飲用することが大切」です。とはいえ、ゆっくり飲んでもトイレが近くなったりしますけど・・・(個人的な体験・感想)

中には「普通の飲み物と同じ速度で飲んでいます」という方もいらっしゃいますが、服用法としては間違っているので絶対マネはしない方がよいと思います。

もし、身体に合わない場合は担当医に相談してみましょうね。同じ病気でも体質や症状に個人差のあるものですので、その都度治療法を変更・改善していくことも大切かなぁ・・・と個人的には思います。

いずれにしても、「寛解(かんかい)」といって症状が良い状態が続いている時は、便も正常に近い状態になり、トイレの回数も少なくなります。つまり腸がしっかりと栄養を摂取してくるようになるので、エレンタールやラコールを使用する必要がなくなるというケースもあります担当医の考えや患者の体調による)。

エレンタールやラコールも以前に比べれば改良・改善されてきていますが、特別美味しいものでもないので、普段からコントロールをして良い状態に保っていき、食事から栄養を摂れるようにしていきたいですね。 

スポンサードリンク

IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎の総称)患者にとって、ラコールやエレンタール(共に栄養剤)は欠かせない栄養源となっていますよね。

食事制限などがあり、思うように栄養が摂れない時は、(私の知人・友人に伺ったところ)仕事の最中などに飲用している方も少なくないようです。 

夏場はちょっと氷を足すことで美味しく頂くことができますし、冬場は(ラコールの場合)ちょっとだけ温めて飲んでも良いそうです(薬剤師さんに勧められてやってみたのですが、こちらは個人的にはお勧めできません 汗) 。

知人・友人の中には、「自分はほとんど飲んでいないよ~」という兵(つわもの)もいらっしゃいます(苦笑)。体調が安定していて、血液検査の結果(アルブミンなど)が良ければ、そういった生活も送れるということなんですね(担当医にご相談ください)。 

私自身はエレンタールよりラコール派、フレーバーを入れると更に甘くなってしまうので、あらかじめ味付けされている「コーヒー味」というのを愛飲(?)しています。

エレンタールも飲んでみたことはありまして、昔よりは美味しくなっていますが、ラコール慣れしていることもあり現在に至ります・・・。

双方とも必要な栄養素が豊富に含まれておりますので、体調に合わせて飲用することで体重・生活のバランスも保てます。

1日の使用量は医師の指導や体調によって個人差があり、「2食+エレンタール(ラコール)」「1食+エレンタール」「エレンタールだけで1日すべてをまかなう」等々様々なケースがあります。

私の場合は、2食軽めにとって後はラコールで補っています。それでも標準体重範囲内で収まっています。

あくまでも個人的な体験談ですが、「ちょっと調子が悪いかも・・・」と思った時には食事を減らしてラコール+スポーツドリンクやスープなどを飲用することで、栄養を補い空腹を満たしております。

それでも外で仕事をされる方や、学生さんは食べ物の誘惑が多いかも知れませんよね。

調子が良い時はいいですが、ちょっとでも無理をしないためにも、コントロールできる状態を作っておくことも大切かも知れません。

楽しみにしていたイベントなど、予定のある時などに備えて体調は万全にしておきたいですもんね。

その時のためにも、又普段から付き合いのある同僚や友人と上手く付き合っていけるようにするためにも、ある程度理解をして頂くよう話しておくと気持ちも楽になります。

スポンサードリンク

このページのトップヘ