クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:世界IBDデー

5月19日は「世界IBDデー」です。IBDとは「炎症性腸疾患」(Inflammatory Bowel Disease)のことで、主に潰瘍性大腸炎やクローン病を意味します。この病気をご存知ない方に理解の輪を広げたく、発信致します。

https://worldibdday.org

2016年現在、潰瘍性大腸炎・クローン病の患者を合わせると、20万人ほどと言われております(日本国内のみの推計)

ネット上、どこまで正確かわかりませんが、どの関連情報を閲覧しても、未だに増加傾向にあるようです。

当初「食の欧米化が原因ではないか!?」などと言われておりましたが、発症原因において一部は解明されつつあるものの、明確な原因までは至らないようです(私の知る限りでは)

私の体験でお話すると、思い返せば「これがすでに発症時期だったのではないか?」という頃がございました。その時に病院で検査を行ってはみたものの、医師にIBDの知識が乏しく「単なる胃腸炎」くらいにしか診断されませんでした。

クローン病と診断されるまで、10年以上かかった訳ですが、現在は専門科(IBD科)のあるところで診て頂いており、入院を機に知り合った仲間とお話をしてみると「私もそうだった」という方が多かったです。

血便や腹痛など「病院で診てもらったのに、おかしいな・・・」と思ったら、消化器専門の診療科・医師に(もっというとIBDも診て頂ける病院)診て頂くことをお勧めします(私の地元では消化器科でもわかる医師ががいなかったのですが)。

また、IBDの場合、肛門疾患として表れることもありますので、ご注意下さい。ネットの情報で自己診断してしまうのが一番混乱を招く原因となりますので。

スポンサードリンク

毎年5月19日は「世界IBDデー」です。世界では500万人ほどの人がクローン病や潰瘍性大腸炎などのIBD患者として生活しております。

この世界IBDデーは4大陸35カ国を代表する患者組織・団体によって主導されており、毎年各国で「IBDへの理解」をテーマに様々なイベントが行われております。

World IBD Day 19 May(関連リンク) 

スポンサードリンク

このページのトップヘ