クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:潰瘍性大腸炎食事

お腹が痛む時、トイレ回数が多い時、血便(血が混ざる程度を含む)の時…食事のレベルを下げたり、食事を止めたり(食止め:医師の専門的な指示などによる方法)することもあるかと思います。

私自身、在宅CV(中心静脈点滴)をして食止めを何ヶ月か経験ということもありました。また、入院経験も何度か…そんな中でも「ある程度の対処法」を学んだり、身につけたりすることもありました。

何でも自己診断はよくありませんが、「どういう食材が低残渣で、どういう食材が低脂質で、こういう体調の時はこういう食事をすると良い」とかいうことが次第に分かるようになってきます。

特に、入院時に「水分⇒流動食⇒3分粥⇒5分粥」と進むように、その際に「どのような食材が使われていたか、どのような調理法だったか」ということを学んでいる患者さんも多いようです(SNSでの献立画像などからも)

その時に日記をつけたり、前述のようにSNSに備忘録としてアップすることで、後で役立てたりという方法もあります。

ジャガイモやニンジンなどは繊維質が少ないことからも、登場する(?)頻度は多かったように思えます。なぜかインゲンも(笑)その時の調理法(煮方:どの程度軟らかく煮てるか)にもよるのかも知れませんが、事細かにメモしておくということも大切かも知れないですよね。

同時に、「どのような魚が食べやすかったか」「鶏むね肉や、ささみがどのような調理法だったか」ということも覚えておくことで、退院後家族にお願いしたり、自身で作ってみたり…という方法を見出すことも出来ます。

料理が好きな方は、「食べることが出来る食材、調理法で楽しんで作ってみる」ことでバリエーションの幅が広がるということもあります。

ご自身の体験から、次へ、明日へつなげていきいたいですね!

スポンサードリンク

クローン病、潰瘍性大腸炎の患者にとって「低脂質・低残渣」というのは必須な食事制限であることは一般的にも知られていますが、患者間の会話やSNSでの書き込み・画像の中に、一部「全く制限のない食事」をしている方もいらっしゃいます。

もちろん、絶対にマネすべきではないことです。一度でも手術の経験をした人ならば「二度とあんな大変な思いはしたくない」と思うはず。しかし、喉元を通り過ぎれば…食欲に負けてしまうのでしょうか。

私の考え方ですが、外来通院はそのためのものでもあると思うのです。 今では下記のようなわかりやすく、美味しく食べることの出来るレシピ本などもあるので、参考にしてみてはいかがでしょう。



一時期(昔)と比べると、かなり工夫がされているので、思った以上に食事が楽しめるはずです。 

制限をするもしないも、一部の人がやっていると、それに釣られてしまうのが人間の心理です。ならば、良い影響を受けて、良い体調を維持したいものです。

制限をせずに過ごしている方へ何かを申し上げるつもりはありませんが、こればかりは自己責任ですから。

入院時、そういったことも含めて医師・看護師・薬剤師の皆さんに質問はたくさんしてきました。意外と細かいことにも答えてくださるので、かなり勉強になりました。そういった意味でもネット情報による「噂のような情報」は敬遠した方がいいかなって思いますよ。 

スポンサードリンク

IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎)患者にとって、魚卵系、いわゆる「いくら」「たらこ(めんたいこ)…こちらはタラの卵巣ですが」は一般的にはあまりよくないと考えられているようです。

脂質で考えると、いくら100グラム中16グラム。たらこ100グラム中3.3グラムとそれほど高くはないのですが、私自身「いくら」で大失敗したことがありました。

クローン病になって間もないある日、いくら丼を2日続けて食べたことがありました。3日目…血便が… ちょっと焦りましたね。「え?こんなにすぐに?」と。

もちろん個人差もあるでしょうし、その時の状態がよくなかったのかも知れませんが、「いくらはちょっと敬遠しておこう」と今に至っています。

これは柑橘系(オレンジ、レモン等)でも同じような失敗があったので、こちらは「あの酸味が胃腸によくないんだな」とわかりましたけど、食材によっては「脂質も繊維もそれほどではないのに、何故だろう」というものもあります。

そういった中で、自身や知人患者の体験談を通して少しずつ学んでいく必要もありますね。


スポンサードリンク

このページのトップヘ