当ブログで取り上げているIBD(炎症性腸疾患)のみならず、難病に属する類の病気を抱えていると、心の状態を平静に保つのも難しくなってくることもあります。

日常生活においても、中々健康な人には理解してもらえなかったり・・・時として恋愛や仕事、友人関係にも影響が出たりすることもあります。

そういう時こそ「悩みの共有」って大切だと思います。

私の場合、以前の記事にも書いたように、入院時に知り合った同病の仲間と情報を共有したりしており、お互いに治療やQOL(生活の質)向上に役立て合ったりしています。

家族や恋人同士であっても、「ここまで話したら相手もつらくなってしまうのでは!?」と思うようなことは、同病の患者同士で打ち明けあい、「そうだよね~、そういうことあるよね」と語り合うことも大切だと思いますし、心の負担も軽減していきます(私の場合)。

失ったものはたくさんあるかも知れませんが、それを嘆いていても貴重な時間は過ぎてゆきます。その瞬間・瞬間にいかに楽しく過ごせるか、有意義に過ごせるか、ワクワクできることに出合えるか、の方が大切だと思いますし。

体調のよくない時は、無理して前向きになる必要もありませんが、そこそこ体調のよいときは楽しいことや好きなことにのめり込むことも大切ですよね。


スポンサードリンク