クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:IBD体調が悪い時の食事

先日お話したように、そうめんラーメン(市販の鶏がらスープとそうめんを合わせたもの)で体調を崩した私です(苦笑)。

あくまでも私個人の場合ですが、体調の悪いときは普通の食事は摂りません。スポーツドリンクやドリンクゼリー(ウイダーインなどの)、そしてラコール(エレンタール)を中心に栄養を補給します。

炎症を起こした腸を休ませるのが目的です。
(IBDの場合、よく「絶食治療」というのがありますよね。中心静脈点滴(CV)で栄養を摂り、腸を安静な状態にして改善するまで待つという方法)

ただ、ここで気をつけたいのは、ラコールやエレンタールは栄養はあるものの腸には刺激があるもの(下しやすいという性質からもわかるように)。体調が余計に悪化する可能性があるので、人によっては重湯やお粥の方がいいのかも知れません。 

いずれを摂るにしても「ゆっくりと(食べる、飲む)・・・」というのが大切です。
(医師の診断にもよりますが、基本的に薬もちゃんと服用しながら)

そして慣れてきたら、元気な時に食べている食事に戻していく・・・。そういった感じでしょうか。 ともあれ、体調が優れない場合は予約外や救急外来でも診察して頂くのが一番です。

スポンサードリンク

クローン病や潰瘍性大腸炎の患者にとって、食生活・食習慣って直接的に影響してきますよね。

そしてまた、人によって「どんな食材が症状を誘発するのか?」というものが異なるということも実感していますし、他の患者さんのお話しを伺っても同じように感じている方が多いようです。

そういった「症状を誘発する食材を知る」ということも大切ですが、更に「時折食生活をコントロールすることも大切」ということも痛感しました。

IBD患者にとって、普通の食事(もちろん脂質や繊維に気を配った内容)をするということは、日々重ねていくと気付かぬうちに症状が下降してきているのかも知れないですよね。

つまり、誘発因子が蓄積されていくような感じになっていくと思うんです。

だから私の場合、「あれ?ちょっとお腹がおかしいな・・・」とか「ちょっと身体がだるいな・・・」と感じると、通常の食事をセーブしてラコールやスポーツドリンク・ドリンクゼリー(ウイダーなどの)を中心に切り替えます。

このように、数日~1週間ほど「コントロール生活」を続けていると、体調も良くなってくるのを実感しました。

明らかに体調が悪い時はともなく、「ちょっとおかしいな・・・」という時点で食事を我慢するって中々難しいことかも知れませんが、「また美味しく食べるために」、「また楽しく過ごすために」と思えば、数日の我慢はできると思うんです。

実はここ数日も、上記のような我慢生活を送って体調が改善してきているので、あえてブログに書いてみました。この記事をご覧のIBD患者の方々やご家族の方も参考になさってみると良いと思います。

スポンサードリンク

このページのトップヘ