クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:IBD入院生活

私自身、何度か入院・手術を経験してきました。今回はその中で学んだこと、知ったことなどについてお話していきます。

私の場合はIBDを専門に扱う科のある病院へ(紹介状を経て)通院しておりましたので、体調が悪くなった時も同じ病院・病棟への入院となりました。

それゆえ、医師・看護師さんも臨床経験が豊富な方が多く、「尋ねれば何でも教えてくれる」という感じでした。そこにはインターネットには書いていないことなども数多く含まれ、「やっぱり現場で、専門家から教えていただくことが大切」であることを実感しました。

ここでの記事も、あくまでも参考程度に留めて頂きたいのですが、ネット記事・SNSに含まれている情報の中には”正しくないもの”も少なくありません。参考にするならば、病院や研究機関・薬剤関連会社など専門機関から発せられている情報の方が信憑性があります。

この病気の特徴として「症状に個人差がある」ということが一つの理由です。

IBD患者の日常の中で、”食事療法”が一般的で「脂質・食物繊維の多いものは避ける」というのはよく知られていることですが、SNSにあげられている患者さん情報の中には「毎日揚げ物、肉類」という人も稀に見られます。

それを見たほかの患者さんが「あ、このくらいなら大丈夫なんだ?」と思ってしまうことはとても危険なことだと思います。

話は本線に戻りますが、入院生活で食事が開始されると、IBD患者の状態に沿った食事内容が提供されてきます。そういったものがSNSでアップされている場合はとても参考になります(病院によっては低残渣食というものが提供されない、一般食ところもありますので、ご注意を)。

過ごし方においても、倫理感に乏しい(周りに迷惑をかける、医療に協力的ではない)患者さんに対しては病院側が医療を拒否できる権利を有しておりますので、通院・入院時においては病院側の指示に従うことがとても大切です。

とはいえ、あくまでも患者さんの立場に立ったものなので、疑問点などがあったら看護師さんなどを通して聞いてみることが一番です。

多少は重複するかも知れませんが、療養生活をしていく上で、今後も私自身が気づいたこと、思ったことなどを発信していきます。

最後に…

希少性、難病がゆえに、中々知人・友人にご相談できない方も多く見受けられます。何度も入退院を繰り返していくうちに、心がしんどくなることがあるかと思いますが、そういった時は無理せずにゆっくりと療養なさることが一番かと思います。

スポンサードリンク

皆さんこんにちは。久々の更新になります。実は、イレウス(腸閉塞)をきっかけに、5週間ほど入院しておりましたので、更新が滞っておりました。

今回、あらためて学んだことが大変多く、入院中もたくさんの気づきがありましたので、今後頻度を上げつつ更新していきたいと思います。

主に・・・

1、どういった治療が行われるか。
2、手術後の過ごし方(痛みとの付き合い方)
3、食事について。
4、心について(不安、悩み)
5、ラコール、エレンタールについて。
6、ストーマについて。


などについて語っていきたいと思っています。今回特に感じたのは、「心」「気持の持ち方」の問題です。

同病の患者同士、本当は・本心は色々相談し合いたいのに出来ない・・・という人の多さに驚きました。 声を出して語り合えば、少しでも悩み・不安は軽減されます。それをしたくでも出来ない・・・そういった声も多く聞きました。

病気の悩みは、病気を経験した人にしかわからないことも多いです。それゆえ患者会なども必要になってくるのですが、中には一人一人の主張が強すぎて長続きしない・・・そういった団体も少なくありません。

また、こういったネット情報ではネガティブなものの方が圧倒的に多く、「いかに楽しく過ごすか」「生活の質について」語られる記事は少ないように思われます。

ちょっと真面目に書いちゃいましたが(笑)、IBD患者の多くは「真面目」「頑張り屋」が多いのを痛感した入院生活でした。

ストレスが大きく影響する
ということも知りました。そういったことも含め、今後は更新して行きます。 

スポンサードリンク

IBD(炎症性腸疾患)の食事治療の中で、基本的な考え方となっているのが「低残渣(ていざんさ)食」というもの。

これは簡単に言えば、「食物繊維をあまり含まない食材を使った食事」ということになります。腸管に極力刺激を与えずに、腸を休ませてあげることによって、炎症や潰瘍の治癒を促したり、予防したりということを目的としたものなのです。

病院にIBD科があるところや消化器系治療が充実しているところは、入院時にもクローン病や潰瘍性大腸炎の患者の状態に即した低残渣(ていざんさ)食が病院食として配膳(はいぜん)されます。

一方、IBDを専門とする診療科がないところは、普通食もしくは三分粥・全粥といったような方法をとるところもあります(共に私自身の経験からの内容です)。 

日常生活においても、この「低残渣(ていざんさ)」プラス「香辛料を含まないもの」という食生活が好ましいと考えられています。

私たちIBD患者の場合、お腹がゆるくなりがちなので低残渣(ていざんさ)食にしても、トイレの回数が極端に減ることはあまりないかも知れませんが、徐々に効果が出ることもありますので、野菜を中心に「どの野菜の食物繊維がどの程度なのか!?」ということを知っておく必要があります。

「難しそう・・・」と思ってる方もいらっしゃるかも知れませんが、今はネットでいくらでも情報収集できるので楽しいですし、レシピ数も増えて面白いですヨ。

半面、食物繊維が少ないということは、腸の動きを抑えることにもつながるので、便秘になることもあります。いずれにしても適度な運動と水分摂取も大切ですよね。


スポンサードリンク

このページのトップヘ