クローン病・潰瘍性大腸炎の食事と生活

クローン病患者による、クローン病と潰瘍性大腸炎(炎症性腸疾患、総称IBD)に関するブログです。主に食事療法・食べれるメニューの増やし方や治療法、入院・手術時の体験談や、日常生活についてについての情報を更新中です。

タグ:IBD脱水

潰瘍性大腸炎、クローン病を問わず、主症状の一つに「下痢」がありますよね。しかも脱水症状やカリウム不足につながってしまうこともあるので(入院治療が必要なケースも)、できる対策はしておきたい。

私自身「何を食べても下してしまう、何を飲んでも・・・」ということが多々あるので、今回飲み水を変えてみました。


日田天領水

きっかけは、ある日同病の患者仲間と話をしている中で、「スポーツドリンクや清涼飲料水のように糖分を含んでいるものを飲むと下しやすい」という意見があり、私自身も思い当たるところがあったので、ミネラルウォーターも色々試しております。

以前飲んでいた温泉水99は胃痛を緩和してくれましたが、下痢までは改善できませんでした(当然といえば当然なのかも)。とはいえ、複数のミネラルウォーターを定期購入するほどスペースも、経済的余裕もありませんので(汗)一つずつ試しているという訳です。

下痢を何とか緩和できれば、体重の増加も望めますし、脱水やカリウム不足そのほかの諸症状の緩和も望みがもてます。

何より、体重の減少は倦怠感にもつながりますし、勉強や仕事、家事など、日常の過ごし方に大きく影響します。それゆえこの症状の改善には試行錯誤の日々です。

話は変わりますが、IBD患者の皆さん、5月19日は「世界IBDデー」でした。この日は世界各国で啓発イベントなどが開催されています、色々得るものもあるので調べてみると良いですよ。

また、これから暑くなってきます。水分摂取を心がけて「おかしいな」と思ったら早めにかかりつけの病院へ行きましょう!それでは皆さんご自愛下さいね。

スポンサードリンク

IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎)患者にとって、脱水症状は避けたいものです。

下しやすい体質から、食べたものや飲んだものがすべて水様便となりがちで、その影響で尿が少なくなってしまうというのも、体に負担がかかってしまいますし、IBDにおいては脱水やカリウム不足で入院という例もありますので。

水分の摂りかたにおいても、ラコールやエレンタール同様、少しずつ飲むことをおすすめします。ゴクゴクと一気に飲んでしまうと、(調子がよくない時は特に)すぐに下してしまいます。気をつけましょう。

また、糖分が多いジュース類やスポーツドリンクなども薄めるか、(水分摂取のためだけなら)ミネラルウォーターに切り替えたほうが良い(私の周りの患者間では)という認識の方が多いです。

いずれにしても、少しずつ摂取することが大切ですので、テレビを観るときなどお時間がある際には、常に手元に水分を置いておき、時間をかけてちびりちびりと飲んだほうがよいと思われます。

今回も体験上の話ですので、すべての患者さんに当てはまるかどうかわかりませんが、不安でしたら担当医に尋ねてみることをおすすめします。


スポンサードリンク

このページのトップヘ